犬神(2006/3/4)

僕の大学の演劇サークルの先輩・仲町さんが出演されてました。
いや~、お元気そうで、何よりです。

北九州芸術劇場リーディングシアター「声に出して読むドラマ」シリーズVol.5
「犬神」

作:寺山修司
演出:白井晃
出演:有門正太郎、 岩城朋子、 沖田みやこ、奥村泰自、北川宏美、上瀧征宏、
     仲町響介、野口和夫、林舞子、宮地悦子、森光佐、山口恭子

まさに、聴くだけでなく視覚的にも工夫されていたリーディングでした。
以前白井さんが演出された「ルル」を観たんだけども、そこでも使われていた方法が結構使ってあって白井さんらしいかっこいい演出でした。
寺山修司さんの名前は知っていても戯曲は読んだことがなくて、でもケバケバどろどろなイメージだけあって。
確かに物語の根底はどろどろしているんだけど、正直それほどでもなかったな、と。
なんだ、意外とさらさらじゃないか、と。
数人のアンサンブルで雰囲気を作っていくところがステキでした。
仲町さんが笑いなしで演技してるのも久々に観ました。
いつも暴走している印象が強かったもので(汗)

そういえば仲町さん、福岡で劇団を立ち上げるそうな。
演劇集団・喜劇病棟@福岡
こっちはコント。行けたらいいなぁ。春らしい。
そういえば同じ春にシアターラボで競演したミッキーこと椎木くんが客演する芝居のチラシを見つけた。
劇団「藍色りすと」の公演で、デコラヴっていうらしい。
こっちも行けたらいいなぁ。
[PR]
by yama-moyo | 2006-03-09 02:53 | 観劇日記。
<< 稽古場を抜けると… 犬神をみるぞー! >>