カテゴリ:スケリグ日記。( 6 )

スケリグ6日目。本番。

結局、最後まで書いちまった。


6日目。本番。
午前中にゲネプロをやる。昼からは本番だ。
ゲネプロでもいろいろオモロイことがあったんですけどね…ぷぷっ

それはさておき、本番は緊張した。ゲネプロほどのびのび出来ず、自分が小さくなっているのがわかる。正直、最後までそれを払拭することは出来なかった感じはする。
ただ、声に関しては練習と同等、場所によってはそれ以上のものが表現できたと思う。
やはり、演出の勝田さんの細かな演出のおかげかなと思う。
お客さんの反応も予想以上によく、うれしかった。

本番後、東京組の方はすぐに帰らなければいけなかったらしく、打ち上げが出来なかった。
ただ、来年の3月にスケリグの本公演が北九州に来ることが決まってるらしいのでそのときに、ということで。
もちろん、ほかの役者さんもいらっしゃるのでアレだけども。
僕は用があったので先に帰ったんだけども、みんなはビールを飲みに行ったらしい。いいなぁー
3月に期待しよう。

このリーディング企画はすでに後々まで決まってるらしく、オーディションも近いうちにやるらしい。
次回は松尾スズキさんが作・演出。びっくりだ。
また参加したいなぁ・・・

観に、いや、聞きに来てくださった方、ほんとにありがとうございました。
そして、この企画に参加できたことにほんとに感謝。
素敵な1週間でした。
[PR]
by yama-moyo | 2005-09-14 03:34 | スケリグ日記。

スケリグ練習5日目。

……えっ?


5日目。
今日も朝から練習。
今日はテクリハみたいな感じで朝から稽古。
動きもかなり決まってヴァイオリンの生演奏も入りだす。
うむ、佳境だ。

今日は早めに終わり。
3日目に飲みに行った地元組の人とマックする。
その方は福岡で活動されている方で、山口のワークショップでも一緒だったりする。
いろいろとお話をする。
なんか、東京組の方のお話とはまた違ってまた面白かったです。
質が違うというか、まぁ、あまり多くは語りませんが。
だって長くなるんだもん。
もうだいぶいい時間だし。

ほんと勉強になる。
練習はこれで終わりだけど、得たものは大きい。
ほんとにいい経験をしている。実感としてわかる。
僕は大体、「あぁ、あれっていい経験だったんだ」って後から気づくことが多いんだけど、こんなふうににその最中に感じるのも珍しい。

次はいよいよ本番。


……ここまできたら書いちゃうか。
[PR]
by yama-moyo | 2005-09-14 02:59 | スケリグ日記。

スケリグ練習4日目。

まぁ、もうこの際なんで。。。


4日目。
今日は朝から稽古。
とりあえず午前中で残りの読み合わせを終わらせて、午後からはいよいよ立ち稽古。
っても、お芝居ではなくあくまでもリーディングなので。

舞台には役者の人数分の椅子が並んでいて、ト書きやナレーションを読むときはそこに座っているのだけど、人物を読む時だけは前に出てくる、ってスタイル。
そうだよね、ただ座って読むだけじゃなかなか面白くならないよねー

そういえば劇場の方が言われてたんだけど、「リーディングって何なの?」って聞かれたとき、「戯曲を読むんじゃなく、見るんです」って答えるのだそうだ。
朗読とは違って、リーディングは多少の役者の演技を織り交ぜて、でも、情景はお客さんに想像させる。あぁ、なるほどなぁ、って感心。

それはさておき、やっぱり立つと感じが少し違う。
演技に体も多少使える分、会話をするときにはやりやすくなる。
ただ、その場でぐるりと回って場所の移動を表現する、とかそういう動きがまだまだしっくりこない。ってか、僕、立ちっぱなんですけど。。。
でも、やっぱり会話がちゃんと相手の目先を感じながら出来るって素敵。
特に父親役の鷲生さんの声はもちろん、その目線にぐっと引き込まれる。
おかげで感情も乗りやすい。素敵。

立ち稽古はなんとか一通り終わり、明日はテクリハ的な練習へ。
しかし、一日とはいえあっという間だ。
時間の立つのがはやい…


そうそう、そうだったなぁ。なつかしい。。。
[PR]
by yama-moyo | 2005-09-14 02:18 | スケリグ日記。

スケリグ練習3日目。

ってか、もうすでに日記でもなんでもないのだが…
まぁ、あんまつっこまんといてください。


3日目。
2日目が台風でつぶれたので練習自体は2回目。
東京組の方々は昨日はホテルにカンズメだったとか。
ご飯はカップラーメンだったそうです。

1回目で残っていた後半部分、ってか、前半の半分しか出来てなかったんだけど、その続きをやる。
演出の勝田さんはとても言葉を大切にされる方で、ちょっとした言葉のニュアンスにすごく丁寧にわかりやすく演出をつけてくれるので、とてもやりやすかったです。
ただ、そのせいか、結局最後まで行かず、ちょっと焦り気味。
明日は練習時間を変更して午前中から。一日中です。

それはおいといて、皆さんと初日よりもちょっと仲良くなった感じがする。
その勢いで飲みに誘ってみる。
ただ、北九州の人はたまたまお忙しく、地元組からは僕ともうお一方のみ。
東京組の役者3人と演出、それにプロデューサーの方。
計7人で行ってきました。
いや、なかなか面白いお話を聞けました。
皆さん第一線でご活躍されている方だけに、興味深かったです。
あと、思ったのですが、やっぱみなさんコミュニケーションがうまいなぁ、と。
まぁ、当たり前なんですけど、僕が下手なだけに特にそう感じました。


…って感じかぁ。
なんだか遠い昔のような気がする。。。
[PR]
by yama-moyo | 2005-09-14 01:57 | スケリグ日記。

スケリグ練習2日目…のはずが、

今日はスケリグ練習2日目!
朝8:30に起きていそいそと準備を。
台風が来るらしいから、今日は帰れないかもなぁ。
よし、宿泊準備も、と着替えも入れて準備万端。
そこへ携帯に一通の電話が。
「今日、台風強いんで練習中止になりました」
えぇー!!まじっすか!?
4日のうちの1日がお休み…練習日はあと3日…
おいおい、本気で大丈夫なのか?
まぁ、無理やりやって死んじまったら元も子もない。

仕方ないので学校へ。
…やっぱりほとんど人がいない。そら、そうだ。
後輩もいなかったので仕方なく1人で実験。
と、さらに電話が。
どうやら明後日の練習を長めにやるそうです。
まぁ、一安心。
明日は泊まろうかなぁなんて考えながら。

せっかく空いたので戯曲を書こう。
って、まだ出来てない!しかも提出明日の昼まで!
…休みになってよかったかもしれない。。。
[PR]
by yama-moyo | 2005-09-06 12:13 | スケリグ日記。

スケリグ練習初日。

ついに始まったスケリグ練習日。
これから5日間練習していくわけです。
スケリグの詳細はこちらから。

稽古開始は13:00。
ぎりぎりの12:45に到着して、急いで6階まで駆け上がる。
練習場所は小劇場だから…って、開かない!?扉が開かない!でもここって書いてあるし、なんでぇ?
と、思ってたら、どうやら1階の楽屋口から入らなければならないらしく、急いでまた1階まで戻って受付をすませ6階へ。
到着すると13:02。なんていうか、遅刻だ。
入るとすでに皆さん入ってらっしゃる。当然だ。いきなりやっちまった。
やばいと思いつつ急いで着席。
ふと隣を見るとスケリグ役の森山さんが。その隣には竹下さんと鷲生さんが。
おお、ほんものだ。そらそうだ。

こんな感じで始まった練習。
先ずは一通り台本を読む。
オーディションで選ばれた人たちの読みは聞いているが、東京から来られたお三方の読みは始めて。
いやー、やっぱステキな声ですなぁ。
特にスケリグ役・森山さんの声。本を読んだ段階では想像できなかったんですけど、森山さんの声を聞いて、「あぁ、こういう声だったのか」と。

その後休憩を挟んでスケリグについてのお話。
今回のリーディングのこととか、背景とか、個々で感じた印象とかを話しました。

それを踏まえながらシーンごとに区切って練習。
演出というか、勝田さんが言われたのは、とにかく想像すること。
このシーンで今、どんな状態になってて、どう思っているのか、それを想像すること。
その作業を丁寧にやっていきました。

そこで今日の練習は終わり。
台風も近づいていることもあり、早めに終わりました。

あー、すぐ帰っちゃったけど、色々お話したかったなぁ。
断られてもいいから誘ってみればよかった。。。ちょっと後悔。
後悔はよくないなぁ。あと4日しかないのに。
そう考えると短い。

明日もがんばろう!
ってか、台風来るな!
[PR]
by yama-moyo | 2005-09-05 23:52 | スケリグ日記。