今日も疲れた…

あー、今日もよくがんばった。
明日は練習だし、はよ寝よ。

あ、配役が決まった!
なんと関西人!
よし、今日から関西弁を特訓だ!

…なんでやねん!
[PR]
# by yama-moyo | 2006-01-26 01:45 | つらつらら

シアラボ初日。

いよいよ今日からシアラボ2006の練習が開始された。
ちなみに、シアラボの詳細はコチラ

今回は2本立てなので、基本的にグループごとの練習。
今日は初日なので合同で。明日から分かれて練習になる。

僕が出演するのは「Re:Reset」。
でもまだ配役が決まってなくて。
今日読み合わせしたんだけど、結局明日に持ち越しとなった。
演出の松本さんとプロデューサーの方が意外なキャスティングのおもしろさについて話してたから、もしかするともしかするかも。
なんてどきどきしながら明日の発表を(もう今日か)待つ。

そうそう、僕の学生劇団時代の後輩・斉藤くんも、もう一本のほう「ドライブ・シート」に出演する。
かなりメイン、ってか主人公をやる。
たぶん本番近くまで顔をあわせることはないだろうけど、お互いがんばりましょう!
[PR]
# by yama-moyo | 2006-01-25 01:29 | シアラボ2006日記。

ブッダ(2006/1/16)

ひさしぶりに後輩たちの勇士を観に大学会館に行った。
っても、誰が誰なのかほとんどわからないけど。


山口大学演劇サークル「劇団笛」第30回公演
「ブッダ」

原作:原作:手塚治虫 脚本:佐藤信
演出:因幡勇治


古代インドにシャカ族の王子として生まれたシッダルタがいろいろ悩み・苦しみながら解脱するお話。

歌あり、踊りありの音楽劇。さぞかし派手な舞台だろうと思って行ってみたら意外に動きが少なくて拍子抜けした。音は派手だったけど。
舞台からと後ろからと挟み撃ちで音が飛んできた。
しかし、話には聞いていたけど3時間…長かった。

結局のところ、楽しめるところがなかったように思えた。
ここがすごく強調されていた、とかってのがなくて、浅く広くやってる感じ。
最初の不気味な雰囲気がそのまま流れて終わった。
きっと全部やろうとしてどれもこれも中途半端で終わったんだろうなぁ。
もっと潔く切るとこは切る、ってやったらよかったのかも。
何人かは演技に対する情熱が伝わってきて、それはそれでよかった。
特に猿役の小柄な女の子が印象に残っている。

なんにせよ、もっと派手なのが観たかった。
[PR]
# by yama-moyo | 2006-01-19 02:55 | 観劇日記。

最近ふと思うこと。

そういえば前に、「僕は人に興味が薄いから寛容なんだよ」って言われたことがある。
ん~、そうかも。よくみてらっしゃる。

なんか、たいていのことは仕方ないよな、って思っちゃうし。
怒っても仕方ないって思っちゃう。
怒って雰囲気悪くなっていやな思いするのやだし。
それくらいなら、自分が尻ぬぐいしようって思ちゃう。
ほんとはちゃんと怒った方がいいんだけどね。
でも、それにふんぞり返られて尻ぬぐいを期待されるのも腹が立つ。
でも、そのうち忘れる。気がついたら消えてる。
あー、脳天気なんだな。僕って。

うむ。くだらない。
[PR]
# by yama-moyo | 2006-01-18 23:40 | つらつらら

記憶の剣客(2006/1/14)

今年最初の観劇。
山口のニューメディアプラザに劇団遊覚の第4回公演を観に行った。

劇団遊覚 第4回公演
「記憶の剣客」

作・演出:池本博文

出演:石丸拓也 真鍋かおる 東田一希 町田淳 吉井裕美 有吉信隆
    坂本裕希美 池本博文 木村恵美

記憶を削りながら戦い続ける「記憶の剣客」
そんな彼の記憶からどうしても消えない女が悪の組織に手篭めにされていて、
そんな彼女を救い出すお話。

なんだか、いろいろ突っ込みどころの多いお芝居だった。
ヒロインを部屋に置き去りにしてよく出て行くけど、何で出て行くの?とか。
ヒロインをさらって部屋に監禁して「お前のためだ」っていうけど、結局自分がほれてるからじゃん。自分のためじゃん、とか。
「俺は戦いに来たんじゃない!」とか言いながら、一緒に逃げようといったヒロインに「こいつだけは倒す」みたいなこと言って、なんだ、やっぱやる気満々じゃん、とか。
そもそも、25歳の主人公には記憶を削ったせいで20歳以前の記憶が消えてるって設定なのになんで人物関係は覚えてるんだ?とか。
でもまぁ、そこはファンタジーってことでいいのかな?人物設定とかいちいち忘れてたら話が進まないし。

すごく動いて殺陣してた。
でも、殺陣とか決めポーズってやっぱ技量が出やすいなぁ、と。
その中でやっぱり悪の大将役の東田さんはうまい。笛も吹いてたし(関係なし)

ここの団体はどんどん大きいところでやってるなぁ。次は山口市民会館らしい。
[PR]
# by yama-moyo | 2006-01-15 14:14 | 観劇日記。

宇部でダンスを観た。

なんだか悲しい気持ちでいっぱいだ。
北風が身に染みる。。。
[PR]
# by yama-moyo | 2005-12-25 17:16

コミュニケーションについて。続。

人と人がいて、それぞれ立場があって、その立場が出会って、対話して、感じて、さらに新しい関係を築いていく。

その方法にはいろいろあって、今、通信網が発達してものすごく出会いの場は増えたけど、それによって結局「生身の人間」のコミュニケーションの価値がより大切になっているんじゃないのかなぁ。

だからって、それがすべてうまくいく訳じゃなく、むしろ、「生」だからこそ事件となることもあるわけで。

ちょっとしか関係ないけど、明日もやってます。

「僕のタリウム事件」
藤木律子作

日時:
12/17(土)12:00~18:00/18:30~ オープニングパーティ
12/18(日)~12/20(火) 11:00~16:00

場所
山口市木町4‐13/瑠璃光寺傍 人丸神社前

社会のいろいろな視点を感じてください。みたいな。
[PR]
# by yama-moyo | 2005-12-19 23:27 | つらつらら

コミュニケーションについて。

なんだか最近、いろんな事件が起こっている。
失神ゲームがYAHOO!ニュースで流れたときは驚いた。
と、同時に、共感的な思いにとらわれた。

言葉にして一番びったりくるのは、現実感の喪失。かな。
肉体を痛めて、極限の状態でようやく生を感じるというか、
逆に与える方も、攻撃でしか相手と関われないというか、
そんな、不器用な感じが集約した事件かなぁ、と。

だからって、別にやってみたいとは思わないけど。

でも、この年にしてようやく理解したことを彼女らは無意識にゲームとしてやってるんだなぁ、ってびっくりした。
でも、これは特別なことじゃないんだ、と。
そんなことを、思ってみる。
[PR]
# by yama-moyo | 2005-12-19 23:16 | つらつらら

冬といえば…

冬といえば、やっぱりコタツにみかん!
でも、この「こたつみかん」、あまりの魅力にその場を離れられなくなるという恐ろしい効果が!
と、いうわけで、うちではコタツは出してません!
ただでさえ怠け癖が…

それはさておき、昨日、聞いた話。
次の電化製品で最も安あがり、というか、室温を上げる値段が最も安いのは何でしょう?
①エアコン
②石油ストーブ
③ガスストーブ
④灯油ストーブ
さあ、どれでしょう?








答えは…



なんと①!以外じゃないですか?
なんでもその方が言うには、
エアコンの仕組みは空気を取り込んで、暖かい空気とつめたい空気に分けて、必要なほう(この場合は暖かい空気)だけを戻す、というものらしいのです。
だから、空気自体をどうこうする訳ではないので、エネルギーをあんまり使わない、と。
1℃上げるのに確か6円ぐらいって言ってたような。

ちなみに順位は、安い順に①、④、③、②
エアコンより安いのは石炭だそうです。
なんと1℃上げるのに3.5円。らしい。
まぁ、環境に悪いものはそれだけ安い、ということでしょうか?
[PR]
# by yama-moyo | 2005-12-14 23:59 | つらつらら

返り咲き♪

ついにFOMAに返り咲き!
あぁ、思えば養生槽に落としてはや1ヶ月…長かったような短かったような。。。
別に不便とも思わなかったが、新しいものはいいもんだ。

これ、今流行の(?)お財布ケータイなんですわ!
あぁ、使ってみたい!

どこで使えるんだろ?
山口は…
ゴルフ場、空港、ホテル、レンタカー、カラオケ、レンタル屋
あ、意外とある。
まぁ、前4つはまず関係ないけど。
カラオケも最近行ってないしなぁ。
レンタル屋…ゲオと幸太郎本舗だけかぁ。
ツタヤが入ってればなぁ…
近くのコンビニはセブンしかないし。

こりゃ、当分使わないな。
[PR]
# by yama-moyo | 2005-12-12 02:41 | つらつらら